2010.12.31 09:46

 私は病的に自意識過剰なところがあります。ずいぶんよくなってきたと思うのですが、十代のころは病的どころかホンモノの病気でしたね。まず顔を見られるのが苦痛。変な顔なのではないか(まあ、変な顔なのですが)という恐怖と、逆に注目されているのではないかという妙な焦燥感の板ばさみに合って、不必要に苦しんだものです。
 
 外出する母親に「近所の銀行でお金をおろしておいて」などと頼まれる。当時は窓口でおろすので、きれいなお姉さんとやりとりしなければなりません。さあ、大変! まず服。普段着をぜんぶ着替える。シャツは胸元を開ける。白いジャケットをはおる。身体つきを見られたくないような気もするので、寒くもないのにトレンチコートを着ます。その時点で白いジャケットを着た意味はなくなっているのですが、狂乱状態なので気がつきません。

 さらに安物の大きなサングラスをかける。顔を見られたくないのですね。真っ黒でこちらの瞳の動きがまったく見えないやつです。あまりにも暗すぎてこちらからも向こうがよく見えません。だが、そんなことは言っていられない。小さなバッグも持ちます。何も入っていない。持っていた方が重々しい感じが出るのではないかと考えたわけです。

 銀行までくわえタバコで(十代の方、真似しないでください・・・ってこんなばかな真似するわけないか)緊張してロボットみたいに歩く。アラン・ドロンが映画のなかでそうしていたので真似をしているのです。タバコの規制がいまほど厳しくなかったので、そのまま彫刻みたいになって銀行に入っていきます。
 帰ってくるとへとへとですよ。あまりに疲弊して寝こんだことさえありました。母親に「誰もあなたのことなんか見ていやしないんだから」とよく笑われました。いやいや、じーっと見ているんですよ。自分が自分を。

 今日から正月特訓がはじまりました。けさ、教室のまえのお店でコーヒーを買いました。大きいのを買おうとしたら、LではなくTと書いてある。「トール」と発音するのが恥ずかしくて、お姉さんに「大きいのはTでいいの?」とわからないふりをしました。十代のころの自分がまだ生きています。
 皆さま、よいお年を。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, のりこさん 2011.01.04 12:08
    何度もレスしてしまいます。

    長野先生のお話にすごく共感してしまうというか、自分のことを語られているようなとても不思議な感覚です。

    私の場合、つい最近まで自分のメガネ姿を人に見られることに異常な嫌悪感がありました。
    どんなに目が疲れていてもコンタクトレンズをつけて外出していました。先生の言われるように、自分で自分を常にじーーーーっと見ていたのでしょうね。自分が自分をどんな風に感じているか、人生はほぼそれで決まるように思います。










  • 2, 長野先生さん 2011.01.04 13:01
    のりこさま

     こんにちは。
     自分が自分を好きというのがいちばんいい状態だと思います。「いま」「ここ」からスタートして、その境地を目指されるのがいいのではないでしょうか。
  • 3, uenoさん 2019.01.14 01:13
    いつもブログで元気をもらっています。中学の時、全て(人間関係も自分自身も勉強も)が嫌だったのですが、渋谷校での毎週月曜日にある先生の授業だけがなぜだか楽しみだったことが懐かしいです。月例テストや成績は悪いどころではなかったのですが、漢字テストだけ頑張ってコメントを楽しみにしていました。中学生の時はいつ死のうかと本気で考えてばかりでしたが長野先生に勧められたH高校で人に恵まれ、無事に大学へ進学でき、20歳の成人式まで迎えてしまいました。(色々当時のことを思い出してしまう気がするので成人式にはいきません。)おそらく、先生との出会いがなかったのなら、外には笑顔で対応して内では色々考えていた中学生で人生をやめていたかもしれません。
     本当にありがとうございました。これからもブログで元気を出して生きていこうと思います。
  • 4, 長野先生さん 2019.01.14 05:14
    uenoさま

     おはようございます。
     そうか、どなたなのかにわかにはわからないが、そんなことがあったのかね。成人式は私も行かなかった。ただ、その日のことは何となく覚えている。
     漢字テストにはいまもコメントを書いているよ。またどこかで会えたら会おうな。元気で頑張って。痛みを意識している人間は、他者を助けられるものだからね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年12月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着記事

月別アーカイブ