2010.09.29 13:10

 あまりやる気のない生徒というのはどうしても出てきます。はじめからやる気がないわけではないのですよ。あるときふっとやる気を失ってしまう。勉強がどうのこうのというより、ほかに忙しいことや心配事があるのでしょう。勉強どころじゃないやという心境なのかもしれません。そういう生徒に対して一般的に先生という存在は、やる気があるのか! と一喝してしまったりする。やる気がないのなら教室から出ていけ! ぐらいに怒ってしまう。私も若いころはそうでした。

 やる気はないのですよ。それはこちらもわかっているわけで、叱っても逆効果です。そこでしばらく放っておく。本当に勉強がいやになってしまったのならそのまま塾をやめてしまう可能性もありますが、それはそれで仕方がありません。義務教育ではないのですから、本当にいやならやめてしまうでしょう。勉強ではないべつの世界で頑張れば、あるいはちょっと勉強の負担は軽くして人生のバランスを上手にとれば何も心配はいらないと思います。やめていった生徒を敗北者みたいに考えたことはありません。

 やる気はないけど何となく通い続けてくれている場合、本人もどこかできっかけをつかみたいと潜在意識的には考えています。いまはこうだけどいつかは違う自分になりたい。わかりますよ。きっかけがつかめるといいですね。そしてまたその種のきっかけはつかもうとしてつかめるものでもなかったりします。ふと訪れる。本当にふと訪れるのですよ。ですから、来てくれている生徒はどういう状況であれ温かく接しています。ご家庭でもそうあってほしいと思います。

 私はこうやって毎日文章を書いています。このブログだけではなくいろいろーー趣味も含めてーーけっこう書いています。ときどきよく毎日書けますねと訊かれることがあります。ですが、はじめから書けたわけではないのです。二十年ぐらいまえの初夏の早朝、中央線の御茶ノ水駅近くで土手が燃えている光景を偶然目撃しました。大騒ぎにはなっていなかったので管理された火だったのかもしれません。その日の午前中、自宅に帰ってラジオをつけたらロバート・パーマーという人の「mercy mercy me」という曲が流れてきました。その瞬間からですね。その瞬間からすらすら文章が書けるようになりました。

 この話はあまり公開したくなかったのですが、そういうこともあるということです。どこかでふときっかけが訪れる。それを楽しみに生きていくのがいいですね。人生はなかなか面白いものです。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年06月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

新着記事

月別アーカイブ