2010.06.20 15:55

 先日、友人と新宿で飲みました。よく考えずにおでん屋さんに入ったのですが、おでん屋というのは居酒屋と違って微妙に落ち着かないところだと思いました。焼き鳥屋や鮨屋もそうですが、要するにおでん屋はおでんを食べさせたいと考えている。焼き鳥屋は焼き鳥を食べさせたい、鮨屋は鮨を食べさせたい。専門店なのですから当然ですね。ただひたすら酒ばかり飲まれていては商売あがったりでしょうし、プライドも傷つくだろうと思います。

 おでんというものは延々と食べ続けられるものではありません。一皿にいくつか盛ってもらう。冷めないうちに食べるのが礼儀でしょう。食べ終わるとすぐに皿を下げられてしまいます。カウンターの向こうでは職人さんが長い箸を持ってちらちらこちらの様子をうかがっています。次の注文は? という感じですね。しばらくは視線をかわしてだらだら飲んだり話したりしているのですが、他のお客さんもどんどん入ってきますし、もうちょっと何か頼まないと・・・みたいな感じで、あっという間にお腹がいっぱいになってしまいました。

 居酒屋には一人で行くことも多いのですが、ただぼーっとしていられるところに価値があります。居酒屋研究の第一人者(?)の太田和彦さんも何かにそんなことを書いていらっしゃいましたが、私のような中年男性が一人でぼーっとするのはなかなか難しいものなのです。公園のベンチで一時間放心しているとします。美少年なら愁いを帯びて美しいのでしょうが、私では不審者や変質者に間違えられそうです。教室でぼーっとしていたらクビになりますし、家庭で放心していれば息子に心配されます。喫茶店やレストランはおでん屋と同じことです。

 その点、大衆的な古い居酒屋に入ると一人客が多く、みんなぼーっとしています。放電状態みたいな感じですね。たまに追加の注文をしてあとはぼーっとする。一時間ぐらいひと言も話さずに座っていても気味悪がられない空間というのは非常に貴重に感じます。
 そう言えば、そうしたお店には女性客が少ないような気がします。女の人はどこでぼーっとするのでしょうか。
 
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, eMkさん 2010.07.02 13:34
    先生のブログ記事は、ほぼ毎日読ませて頂いていますが、お酒のお話は、記事自体が居酒屋のように「暖簾をくぐってひと休み」という感じがして、楽しいです^^

    おでん、焼き鳥、お鮨... やはり日本はいいですね!
    こちらにも、在るには在るのですが、どこか変な所が多いです。
    店名が「相撲~Sumou~」とか...。



  • 2, 長野正毅さん 2010.07.02 14:34
    eMkさま

     こんにちは。
     元気にしていたかね? その店名メチャクチャだな。飲むときはおでんの汁も濃い方がおいしいな。

     このまえすごくいい曲を聴いた。ブラジル人の有名なシンガーらしいのだが、marina limaという人の「crianca」という曲。youtubeで見られるが、言いたいことはわかるね? 国際的な名前だな。
  • 3, Emiko Watanabeさん 2010.07.18 02:33
    長野先生。

    おでん、たしかに飲むときは汁は濃いめが美味しいですね。
    具は、大根とちくわぶと卵が好きです。(からしも必須)

    そのシンガーの方の歌をyoutubeで見てみましたが、早速お気に入りに追加いたしました!もちろん、仰りたいこと、わかります(笑)

    youtubeといえば、芥川龍之介の生前の動画をご覧になった事はありますか?私はさっきたまたまyoutubeで見つけて、感動してしまいました。

    それでは、良い週末を☆

  • 4, 長野正毅さん 2010.07.18 10:59
    Emiko Watanabeさま

     こんにちは。
     芥川龍之介の動画なんかあるのか! 見たいような見たくないような気がするぞ。こちらは真夏だよ。いい気分だ。夏は好きなんだよ(冬も好き)。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年06月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

新着記事

月別アーカイブ