2010.04.26 13:10

 夜中に歩いているとき、闇のなかから16歳の自分が出てきたらいまの自分の姿を見てどう思うだろう? というようなことを考えるときがあります。こんなになっちゃうのかよーとがっかりされるのか、それともこうなるのだったら歳をとるのも悪くはないなと思えるのか。
 私は変な人間ですが自分では満足しているので、16歳の私もそうは失望しないのではないかと思ったりします。私は16歳のとき「人間見た目がすべてだ」と考えていました。そして54歳の現在もじつは「人間見た目がすべてだ」と十代のときとは全然違った意味で考えています。

 16歳の自分は混迷のなかにいましたから、現在の私に人生のアドヴァイスを求めるだろうと思います。何に気をつけたらいいのか、どこに行ったらいいのか、どうすれば安全に生きていけるのかーーそういったことを知りたがるだろうと思います。何しろ未来の自分ですから、遠慮することは何もありません。
 私の方も16歳から現在まで生きてきた過程で「○○という人が出てくるけど相手にしない方がいいよ」とか「××という仕事場は楽しいから早めに勤めた方がいいよ」とか「△△という人とささいなことで喧嘩別れしてしまわないように気をつけろよ」とか「○月×日は事故に合うから自宅にいた方がいい」とか、いろいろなことを教えることは可能です。

 しかし、それをしてしまったら結局現在の私とは全然違う人間になってしまうでしょう。○○とつきあわず、××にいきなり勤めて、△△を大事にして、○月×日に家でじっとしている人生は、現在の私とは違います。
 結局私は「まあ、いろいろ苦労してみなよ」としか言わないのではないかと思います。相手は冷たいなあと恨むでしょうが、受験に失敗したり失恋したり希望が打ち砕かれたり、また逆に思わぬ僥倖がころがりこんできたりして現在の自分になったわけですから、細かい指示は一切出さないですね。

 教育にはそういう要素があります。何もかもお膳立てしてやって・・・などというのでは本物になれないということですね。自分なりの苦労をしてごらんよと(あくまでも愛情を持って)ある程度つき放してやる勇気は絶対に必要だと思います。
 
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年08月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

新着記事

月別アーカイブ