2010.04.20 13:15

 毎日、インターネットで教育関係の面白いニュースがないかどうか見てまわる癖がついています。昨日、あるところで「早期教育効果は小学校で消える」という記事を見つけました。いろいろな意味で複雑な気分になりました。自分にしてみれば、こんなことは十年以上前からわかっていたことじゃないかという気持ちもあります。まだ大きな話題になるのですね。

 大昔、ある教育機関で「天才児」というのを何人か見たことがあります。小学校の低学年児童。「天才児」はクラスには入れませんからどうしても個別指導になります。
 どのように天才児であるかというと、皆さん義務教育で出てくる漢字はすでにすべて読めるようになっていました。で、たとえば「松尾芭蕉の俳句を楽しんでいる」「ロシアの文豪の小説を大人の版で読める」「五六年生の算数の問題集をやっている」「百人一首をすべてそらんじている」・・・他にもいろいろありました。その教育機関が早期教育に大賛成でしたので、そういうお子さんを受け入れていたわけです。

 私は担当していて、経験的に彼らが共通して語彙に乏しいことを発見しました。みんな素直なとてもいい子です。私との関係は良好でした。ただ無口というのとは何かしら質の違う語彙の乏しさがある。百人一首を暗誦できるのに、ロシアの文豪の小説を読んでいるのに、自身の状態を正確に表現することが同年代の「普通の」お子さんよりうまくいかないのはどうしたことだろうと当時は不思議に感じたものです。
 昨日の記事で、ある国立大学の発達心理学の偉い先生が、トップダウンで禁止、命令、体罰などを多用すると語彙が乏しくなるとおっしゃっています。統計的にもそうなのですね。

 私は勉強をたくさんして大人から認めてもらわなければならないというストレスと精神的萎縮が原因ではないかと想像しています。
 もっとも私は幼児教育に反対しているわけではありません。宣伝になってしまって恐縮ですが、たとえばZ会の通信教育でやっているような「親子で一緒に遊ぼう」的なものは文化的な体験ができて子どもの心に響くと思います。そこには百人一首もロシアの文豪も出てきませんが、知育という意味ではこれで十分なのです。面白いからもっとやろうとお子さんは喜ぶはずです。何事もふさわしい時期というものがあるのですね。
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

  • 1, 須田@幼児コースさん 2010.04.27 12:03
    こんにちは。
    須田@幼児コースです。
    実際に「天才児」を担当された際のお話、興味深く読みました。
    幼児期は、のびのびと、自分の興味・関心を広げていってほしいですね。
    取り上げていただいたZ会幼児コースでは、実際に体験することと親子の対話を大切にしています。
    この2つを幼児期に十分しておくと、語彙も広がり、将来にもつながっていくんですよね。
    指示待ちっ子ではなく、自分で考えられる子が増えたらいいなと思っています。
    そして、その手助けが幼児コースでできたらいいなと思っています。
  • 2, 長野正毅さん 2010.04.27 12:35
    須田さま

     こんにちは。
     コメントをありがとうございました。
     私もパンフレットを拝見して、このコースはすごくいいと思いました。遊びと勉強とがなだらかにつながっていくということが体感できる仕組みになっています。
     こういったものを幼児期から学んでいれば(ロシアの文豪の作品などではなく)、将来「勉強しようか」と言われたときに(ああ、あの楽しい行為だな)と抵抗を感じないですむでしょう。勉強という言葉に身構えずにいられる子どもはみんなできるようになりますからね。
     第一歩というのは大切ですね。幼児コースについては私もすごく注目していました。
     今後ともよろしくお願い申し上げます。
  • 3, おんぷかいてさん 2016.02.02 08:11
    先生おはようございます。
    うちの子はz会幼児コースからの1年生をやっています。
    幼児コースの時は、親の仕事が大変で、なかなか課題がこなせず、もったいないことをしました。
    今は、それなりに頑張っております。

    幼児も小学1年生も、経験学習があり、いざ取り組むと子供はすごく喜んでやっています。
    拙い絵でレポートを出しても、先生は必ず良いところを見つけて褒めてくださいます。

    今は、1年なので、国語、算数もしっかりありますが、はってん問題にも抵抗なく取り組めたり、成長を感じます。

    Z会は問題や添削指導がいいのはもちろんですが、サポートブックなどの親用のものもすごくいいです。小学生からは、定期的に進捗と理解度をまとめたものが送られて、とても参考になり、親のやる気もでてきます。
    このままZ会で勉強していくことができれば、かなり、実力がつくだろうなと思います。


  • 4, 長野先生さん 2016.02.02 09:02
    おんぷかいてさま

     おはようございます。
     Z会の教材のいいところは「楽しみながら」勉強が続けられるというところですね。結局楽しくなければ続かないのですよ。
     これもこれも面白いねー、と意識させてあげてください。生活の一部である「勉強すること」がどんなに面白いか。大人は子どもたちに伝えてやらないといけないですね。
  • 5, 長野先生さん 2016.02.02 23:46
    コメントをいただいた方

     どうもありがとうございます。
     私もまた「おんぷかいて」さまがこの記事を発掘してくださったことをとても喜ばしく感じていました。いろいろと難しい問題が含まれていますね。

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事

月別アーカイブ