2009.12.31 08:55

 あなたは何のために生きているのか? と訊かれてぱっと答えられる人は幸せなのではないかと思います。じつは私は数年前、自分が何のために生きるのかということを一つの標語にまとめてみました。いちいち発表するのもおかしいのでここには書きませんが、ほんの十数文字の中に自分が生きていく意味をこめました。私が生きている目的は「○○(十数文字)のため」というわけですね。

 自分が何をするときでもその標語に照らし合わせます。方向性が一致していればそのまま実行、一致していなければ再考します。仕事も趣味も他者との関係も何もかもその生き方の標語と照らし合わせて考えています。じつはこのブログをお引き受けしたのもその標語に基づいて考えました。皆さんのお役にたてていればうれしいのですが、そうでなくても標語の方針には従っているので私個人はやらせていただいてよかったと思っています。指針があるとブレることがないので大変役にたちます。
 
 もちろん小中学生の皆さんがそんな標語を持たなくてもいいのですが、こういうことはちょっと考えてみても損にはならないと思いますよ。いまは何のために生きているのか? ということですね。標語はもちろん途中で変えていって構いません。成長とともに変わっていくのが当然です。逆に言うと私みたいにある程度歳をとった人間は皆さんのようにはぐんぐん成長していないので、一つの標語で何年も生きてこられたという部分はあるでしょう。

 基本的に私は反社会的な人間ではないつもりですが、万が一今後何かしら世間で言うところの「悪いこと」をするときが来たとしても、標語に基づいた行為であることだけは間違いないと思います。
 2009年度も私はそうやって生きました。うまくいくときもありましたしあまりうまくいかないときもありました。2010年も成否にかかわらず自身の定めた生きる意味に従って生きていこうと思っています。

 皆さん、よいお年を!
Tags :
幼児・小学生
ソーシャルブックマーク:

この記事へのコメント

印は入力必須項目です。
※ログインしていると自動的に名前が挿入されます。

名前
URL
Mail
コメント
画像

画像認証 :

※表示されている数字を半角で入力してください。

 

トラックバックURL

トラックバックURL
【トラックバックにつきまして 】
Z会ブログでは、トラックバックにスパム対策を講じております。
Z会ブログの記事へトラックバックを送信する際には、トラックバック元の記事の本文中に、トラックバック送信先の記事の「ページURL」を記載してください。「ページURL」が含まれていないトラックバックは受け付けできません。
なお、一部のブログやサービスからのトラックバックは受け付けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

プロフィール

プロフィール画像
長野先生
35年以上、中学生を教え続けてきました。生徒たちが日々の学びを通じて大きく成長できますように明るいヒントを発信していけたらと思います。

カレンダー

<<   2020年02月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

月別アーカイブ